視姦した、視姦された体験談(2)

男と女のオナニーやSEX、体などのエッチの秘密をQ&A方式で書いていきます(^-^)
告白痴態
愛と官能の美学
女の子のしくみ
エッチな告白体験談
女性のH体験告白集
エッチ体験談マニア
官能小説.com
嫁の体験リポート
女の子だってエッチ
萌木ケイの官能小説
女性の絶頂ブログ
Hな告白や体験談
禁断の体験
ひとみの内緒話
人妻の秘密生活告白
エッチな告白集
おすすめ情報
男と女のエッチの秘密 ブログナビ
CATEGORY: スポンサー広告 » 視姦した、視姦された体験談(2)
CATEGORY: ▲エッチ体験談 » 視姦体験談 » 視姦した、視姦された体験談(2)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「視姦した、視姦された体験談(2)」

<体験談1> 「ショッピングモールで」
嫁子供とショピングモールに行ってトイレから出たら嫁が子供を抱いてサンタのポスターを見せていた
嫁はミニスカートの下にレギンスをはいていたんだけど子供を抱いた時に子供の足でミニスカートがめくれていて少し前屈みの事もありオレンジのTバックが思いっきり透けていた
で、そこにいた高校生くらいの4人に見られていて隠れて見ていたらスマホで写真も撮られていた
俺も撮ったが遠すぎてよく見えなかった

*
<体験談1> 「貸切風呂のはずが…」
結婚して2年ほどたったときに旅行で泊りにいったホテルに貸切風呂があって、そこにガラス張りで庭がみえるジャグジーがあった。
まだまだ新婚気分でいちゃつきながら妻の身体に水流をあてていたら、妻がなんだかその気になってしまって赤ら顔。
のぼせた身体を冷やすためにジャグジーからあがって、ギンギンになったものを見せつけるように足を延ばして座っていたら、妻が四つん這いになってそいつをしゃぶりはじめた。

(うおー気持ちいい!)

うっとりと妻の舌の感触を楽しんでいると、ふとガラス張りの外、まだまだ明るい緑の庭に二人の男が現れた。

(えー、なんで人がいるの?貸切でしょ?)

その二人は一瞬驚いて立ちどまったあと、すぐに後ろにさがって建物の影に入った。
本当なら驚いてそれなりの行動を起こすべきだったんだろうけど、そのときはなぜかどうでもよい気持ちになっていた。
妻はちょうどお尻をガラスのほうに向けて突き上げて夢中でしゃぶっている。
さっきの男たちからはもろに妻が見えたはず。

(あはは見られた・・・)となんだか他人ごとのよう。

そうしているうちに、さっきの二人が建物の影からそっとこちらを覗いているのが見えた。
建物の影からと言っても、このジャグジーへ続く建物なので、ガラスから覗いているのと変わらない。

(また覗いている)

一瞬、二人の至福の時を邪魔されているようで不機嫌になりかけたけど思い直した。
実は妻のあそこは締りはイマイチだけど、毛が薄く色と形がとてもいい。
いつも誰かに自慢したくてもできない歯がゆさを感じていた自分は、建物の影から見ているその二人に見せつけることにした。
最初、両手を伸ばして妻の尻タブを開こうとしたけど、姿勢的に無理。
そこで妻の向きはそのままに自分が横になって、妻の両腿の間に顔を摺り込ませた。
ちょうど自分の真上に妻のあそこが開いていることになる。
当然、その先にはさきほどの二人。
わざと下から両手で妻の尻を押し上げながら、指で大陰唇を広げてみた。
小ぶりのクリちゃんと薄い小陰唇がピンクに輝いている。

(いつみてもきれいだ)

しばらく二人に見せつけるようにくつろげてから、グニグニと歪ませたりしていると、すでにヌルヌルに濡れたそこからクチュクチュといやらしい音。
もちろん、そんな音は二人には聞こえないだろが、パクパクと口を開く膣口は見えているだろうか・・・
自分からは二人の様子は見えないが、そんな状況に異常に興奮した自分は、妻にしゃぶられたまま、いきなり放出してしまった。

「うわ、、もう!出るなら言ってよ!!」

ドロリとした粘液を口から垂らしながら少し不満げにこちらを振り返る妻。

(やば、気づかれる!)

しかし、妻は格段、驚いた様子もなく、そのまま立ち上がると洗い場に行って口のまわりを洗っている。
そうっとガラスのほうを振り返ると、すでに二人はいなくなっていた。
もちろん、部屋に戻ってから、再度妻に奉仕して満足してもらったけど、自分もその晩は三発も出すほど興奮した。
結局、あの二人は「この先、貸切中」という看板に気づかずに入ってきてしまった客だとは思うけど、今思いだしても興奮する経験だった。

<体験談1> 「奥さんのパンチラ」
嫁さん(三八歳)が、下の子が小学校に上がったのを期に、パート事務員として通い出しました。
パート先が近いという事で制服のまま自転車で通っています。
その制服というのが、膝上のタイトで三八の主婦が履くには短いような気がしていましたが、この前出勤時に携帯を忘れたのに気付いて引き返す途中見てしまいました。
自転車に跨がり信号待ちで片足を着いてる嫁のパンチラです。

むっちり体型の嫁が自転車を漕ぐとスカートがずり上がり易くなるのか?ベージュのパンストの奥の白い下着が交差点の向こうにいる嫁のふとももむき出スカートの中にわずかに見えていました。
ちなみに嫁は目が悪く、信号が変わってこっちに向かって自転車を漕いでいる時も全く私に気付いていませんでした。
その間、嫁はふとももむき出しパンチラどころか、モロ見え状態で、私は異様に興奮してしまいました。すれ違う時にようやく気付いたようで

私「おう!」

嫁「あれ?!どうしたの?」

私「携帯忘れたから取りに帰る」

嫁「そう。気を付けてね。遅刻しないでね。」

そう言い残してまたパンチラしながらパートに向かう嫁でした。
(お前が気を付けろよ)
と思ったのは言うまでもありませんが。
この姿を世間の男達に見せつけているのかと思うとさらに興奮し、勃起してしまいます。
嫁は普段からその辺は無頓着というか胸元が開いてても気にせずに屈んだりするしノーブラのまま新聞を取りにマンション下のポストまで行ったり風呂上がりにベランダの窓とカーテンを全開にしたまま全裸でウロウロしてたりもします。
嫁が近所のご主人や男達にノーブラ姿やパンチラ姿を見られるなんて複雑な気分でありつつも何だか興奮します。
近所だったら見られてもおかしくないですよね。

<体験談1> 「同僚へのサービスに思わず勃起」
ある日嫁のパート先で飲み会がありました。
飲み会はパート先から直接会場へ行ったそうです。
無防備な嫁の事です。
酔うと普段にも増して無防備になりますので同僚へのパンチラサービスは必至でしょう。
いや、行ったことがある居酒屋だからあの店はテーブル席とカウンターしかないから嫁のパンチラは拝めないから大丈夫か。と思ったのですが、二時間ほどで嫁から連絡が入りました。
明らかに酔った声で、これからカラオケに行くと。
あぁ、カラオケと言えば低いテーブルにソファー席・・・同僚へのパンチラサービスは決定でしょう。
これは帰ってきたら事細かに聞くしかない。
ちょうど家も同じようなテーブルとソファーがある。
嫁の向かいに座って確認してやる。
それから二時間ほどで嫁は酔っぱらいながら帰って来ました。
玄関で座り込んで「んしょ、んしょ、」言いながらパンプスを脱いでいました。脚を開いた状態で。
脱ぎ終えるとドタドタと廊下を歩きながら

「ただいま~おそくなってごめんね。子供達は寝た?」

と私に聞きつつお誂え向きにリビングのソファーに座り込みました。
嫁に冷たいお茶を出しつつ正面に座ると、案の定、全く気にも留めず嫁はパンチラ・・・。

「飲み会とカラオケは楽しんできた?」

私が聞くと、嫁は酔っ払った高いテンションで身振り手振りを交え、時折膝を上下左右に動かしながら私にあれこれ説明するのです。誰がどう言ったやら上司の誰がどうしたやら。
丸見えです。チラどころじゃありません。
恐らくカラオケでも嫁は同じような感じだったでしょう。
私は適当に話をあわせ、同僚へのパンチラサービス確定に悔しがりつつ勃起していまいた。

(あぁ他所の男達にこのパンチラを・・・)

見れば見るほどエロい雰囲気を嫁は醸し出していました。
いやらしいむっちり体型の人妻のむちむち太ももから見えるパンチラ・・・。
私は嫁が何かしゃべっているのにもかかわらず襲い掛かりました。
嫁をソファーの背もたれに身体ごと押し付けながら唇を塞ぎました。

「きゃっ!ちょっとちょっと、なに、んんん、、ん~!ん~!ぷはぁっ!何なの?」

私はもう一度唇を押し付けながら嫁のスカートを捲り上げパンストを下着ごと無理矢理ずり下げ勃起した自分のモノを出して、嫁の膝裏に腕を通してM字のような姿勢にさせもう我慢出来んとばかりに嫁のアソコにモノを宛がいました。

「ちょっとちょっと待って、まだダメだっ、、ああん!」

構うことなくズブズブ挿入してやりました。
嫁を背もたれにもたれさせたまま、両足を大きく開いて頭上まで上げてズンズンとピストンし、異様に興奮していたのであっという間に嫁の膣内にどくどくと射精してしまいました。

「あんっ。どうしたの急に?」

嫁の言葉にまた興奮してしまい、まだギンギン状態の勃起を普段はしないお掃除フェラさせました。
「はんっ、んぐ、ん、ん、ぷちゅ、んぐ、ぷはぁっ本当にどうしたの?今日はおかしいよ?」
まだギンギンでまたヤりたくなってきて、もう一度挿入。
嫁も本格的に感じてきて、あんあん喘ぎまくっていました。

<体験談1> 「子どもの水泳教室」
8月のある暑い日の出来事です。
息子が通っている幼稚園で親子水泳教室が行われました。
私は休日に暑い中、出かけるのが嫌でしたが妻に

「絶対にいくからね!」

と強い口調で言われ渋々行く事になりました。
物は考えようで幼稚園の先生や他の子供の奥さんの水着でも見て楽しむか・・と考えました。
私の妻は28歳で5年前に結婚しました。顔は中の上といったところです。
唯一のセールスポイントは9○センチの巨乳です。
その巨乳に魅力を感じ、付き合い始め結婚まで行きましたが、現在では子育てに追われる姿をみて女というより母親として妻を見ています。当然、色気も感じなくなりセックスも月一回あればいい方です。

「どの水着にしようかな?」

などと聞いてきましたが全く興味がなく

「なんでもいいよ」

と答えました。
そして水泳教室当日です。私は更衣室で息子と着替えプールサイドに出てきました。
プールといっても市営の屋外プールなのでセクシーな女性は1人もいませんでした。
表れた幼稚園の先生も他の奥さん達も地味な水着で登場しました。
市営プールの親子教室に期待した自分がマヌケだった・・と思ったその時、妻が登場しました。
白いビキニで大きな胸が半分露出されてる谷間くっきりの際どい格好でした。他のお父さんやお客の視線は妻の胸に釘着けでした。
私は妻に

「お前、派手すぎるぞ!そんなの着てるのお前だけだぞ!親子教室だぞ!」

と強い口調で言うと

「なんでもいいといったのはあなたでしょう!」

と言い返し、息子を連れて離れていきました。
私は椅子に座り妻と子供の様子を見ていました。
動く度に揺れ、少しかがんだだけでこぼれおちそうになる妻の巨乳に男連中は目線を離しませんでした。
意味なく妻のそばにいってはバストを眺めています。
私は、妻もまだまだ男を引き付ける魅力があるんだ・・と少し驚くと同時に嫉妬心が芽生えました。
結婚してから嫉妬なんか一度もした事がなく不思議な感覚でした。その時です。泳いでいた息子が足をつってしまいバチャバチャと溺れ出しました。

「あっ!」

と思った瞬間、妻がプールに飛び込み息子を助け出しました。
5、6人のお父さんが手を差し伸べ息子を引っ張り上げてくれました。続いて妻の手をつかみ引っ張りあげてくれました。
逆サイドから走ってきた私が見た光景はビキニが外れて胸を全開にしてプールから上がってきた妻でした。
9○センチのバストと薄茶色の乳首が男連中に晒されました。

「Y子!胸!」

と私は叫びY子に抱きつきバストを隠しました。
バスタオルを差し出されY子に掛けてあげました。子供は無事でホッとしました。
しかし妻の胸を複数の男に見られ嫉妬で怒り爆発でした。
夜、妻が「私の胸が見られたとき、必死に隠してくれて嫉妬で怒っている顔を見たときうれしかった。」と、言ってきました。
その夜は初めての嫉妬からくる興奮で激しく妻と燃え上がりました。
嫉妬は、たまにはいい刺激になるなーと思いましたが妻の裸を見られるのは二度とご免です。

<体験談1> 「近所のおじさん」
お盆休みの振り替えで平日休んでいた時、
嫁が玄関先で訪ねてきた隣のオヤジの対応してた
結構な時間話していたので覗いてみたら床に町の広報や交番からのお知らせやらを置いて丁寧に説明受けてた
嫁は広報を見ているが隣のオヤジは嫁の胸元を覗きこんでいた
子供がまだ授乳期なので爆乳嫁でパツパツのブラがはっきりわかるノースリーブ姿

オヤジが帰って嫁にはその事は教えずに話を聞いてみると最近早期で役場を定年したので隣との境の植木の伐採や
庭でとれた野菜を持って来てもらったりしてたそうだ
で、その度に玄関先だがお茶を出したりしてるそうだ
そのうち上がり込みそう

-中イキを目指すなら-
ハッスル7
ドン・キホーテ
絶頂 アクメマックススーパー
ソフィア

-クリイキを目指すなら-
フェアリーポケットミニ
R-1 スターターセット
エロきゅんローター
インスピレーション


最近の人気ラブグッズは?【グッズランキング】



☆SM出会いコミュでマゾ女従順飼育【奴隷契約所】
関連記事


人気ブログ更新情報1






男と女のエッチの秘密 最新記事一覧
男と女のエッチの秘密 質問の一覧


エッチなアンケート


 | 男と女のエッチの秘密 | 

 | Copyright © 男と女のエッチの秘密 All rights reserved. | 



告白痴態 女の子のしくみ 愛と官能の美学 結婚生活ランキング 萌木ケイ官能小説 官能小説.com アダルトなび エッチ系女子ランキング


エッチ 女性 オナニー 経験 人妻  / Template by パソコン 初心者ガイド  無料アダルトサイト A-PageRank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。